2016年規定審議会 :クラブ運営 に大幅な柔軟性
2016年6月27日

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
おかげさまで2016年規定審議会は無事終了いたしました。
これも審議会の代表議員を務められた皆さまのご尽力のおかげと心より感謝しております。
今回の審議会では、会員身分と例会の柔軟性など未来に目を向けた決定が下されました。承認されたこれらの方針変更により、
会員種類を自ら決定し、例会の頻度、場所、方法を選ぶためのより多くの裁量がクラブに与えられます。
これまで15年間、ロータリーでは、会員資格、職業分類、クラブ運営に革新性を取り入れた試験的プログラムを実施してきました。
これらの試験結果や会員からの報告によると、例会方法、会員 資格、クラブへの参加方法などについてクラブが決定できる
柔軟性が多ければ多いほど、クラブに活気が生まれ、成長する傾向にあることが分かっています。今回の決定により、
細則に変更を加える柔軟性がクラブに与えられる一方で、例会や出席、クラブの構造、会員種類を変更しないことを望むクラブは、
従来と同じ方法を取り続けることができます。会員種類と例会の柔軟性に関する審議会決定について、ご覧ください。
また、審議会決定のまとめをRotary.orgからご覧いただけます。何とぞよろしくお願いいたします。

事務総長
ジョン・ヒューコ



(ファイルダウンロード)

クラブ運営に大幅な柔軟性.pdf

印刷用ページ 記事をPDFにする