ガバナー事務局からのお知らせ

 2019年3月12日

コーディネーターニュース2019年4月号が届きました。ご一読ください。


(ファイルダウンロード)

コーディネーターニュース2019年4月号.pdf

 2019年2月28日

バギオだより第71号(2019年3月号)が届きましたので掲載いたします。

過去のバギオだより⇒こちらからご覧になれます。


(ファイルダウンロード)

2019.3バギオだよりVol.71.pdf

2019年2月14日

(公財)ロータリー米山記念奨学会ニュース
………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 227号 ★  2019年2月13日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・2019学年度米山奨学生の選考を全地区で実施
・ホーチミンの学友グループが奉仕活動
・寄付金速報 ― 下期も順調にスタート ―
・北京・上海で学友が集合
・【訃報】評議員 佐藤博明氏(第2540地区)逝去


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホーチミンの学友グループが奉仕活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年12月16日、ホーチミンの米山学友グループが第16回奉仕活動
を実施しました。ベトナムにはまだ正式な学友会はありませんが、
ホーチミンでは学友たちが、年に数回の奉仕活動を続けています。

今回の訪問先はホーチミン市内の視覚障がい者福祉施設、
An Binhホーム。以前にも同ホームで奉仕活動をしたことがあり、
施設の子供たちと2年ぶりの再会を果たしました。子供たちから
口々に「視覚障がい者マラソン大会でメダルを獲得した」
「大学を卒業して就職することができた」などの嬉しい報告を
受け、成長を実感する訪問となりました。寄付金約3万円のほか、
調理器具やシャンプーなどの日用品を寄贈しました。

当日は、学友4人のほか、同学友グループが奨学支援している
HUTECH大学のベトナム人学生3人も活動に参加。「ベトナムの
若者にも、私たち学友グループの活動に参加してもらうことで、
奉仕の精神を身に付けてもらえたら」と、チュオン トゥイ ラン
さん(2006-07/大宮北東RC)は期待を込めて語りました。


※そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ PDF版はこちらから
以上

…………………………………………………………………………
公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
事務局長 岩邉俊久
編集担当 野津・峯
Tel:03-3434-8681  Fax:03-3578-8281
問い合わせメール: highlight@rotary-yoneyama.or.jp
米山記念奨学会ホームページ: http://www.rotary-yoneyama.or.jp/
…………………………………………………………………………

 2019年2月8日

コーディネーターニュース2019年3月号が届きました。ご一読ください。


(ファイルダウンロード)

コーディネーターニュース2019年3月号.pdf

2019年2月7日

(公財)ロータリー米山記念奨学会ニュース
………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 226号 ★  2019年1月15日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
------------------
・海外応募者対象奨学金申し込み状況
・2019-20年度地区米山記念奨学委員長セミナー開催報告
・寄付金速報 ― 今年もよろしくお願いします ―
・米山学友の柯隆さんが「樫山純三賞」受賞
・タイ米山学友会がローターアクトと合同奉仕活動

<お知らせ>
☆ご寄付の確定申告用領収書について
☆海外学友会総会案内


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米山学友の柯隆さんが「樫山純三賞」受賞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国マクロ経済研究の第一人者として知られる米山学友の柯隆さん
(中国/1992-94/名古屋大須RC)が、著書『中国「強国復権」
の条件―「一帯一路」の大望とリスク―』(慶應義塾大学出版会・
2018年4月刊行)により、第13回「樫山純三賞」を受賞しました。

この賞は、公益財団法人樫山奨学財団が主催し、国際社会の安定・
進化にとって重要になってきた現代アジアについて独創的で優れた
図書(学術書/一般書 各1件)を表彰するものです。

柯隆さんは現在、東京財団政策研究所の主席研究員、静岡県立大学
グローバル地域センター特任教授を務めるほか、講演活動、著書・
論文の執筆活動、メディアへの出演なども数多く、エコノミストと
して活躍しています。
栄えある受賞、おめでとうございます!


【柯隆さんからのメッセージ】

昨年、拙著『中国『強国復権』の条件 「一帯一路」の大望と
リスク』は第13回樫山純三賞を受賞しました。
謹んでご報告申し上げます。

2018年は、私が来日して30年経つ記念すべき年であり、
そのなかで素晴らしい賞を受賞できたことは、名古屋大学大学院
在学中、ロータリー米山奨学金をいただき、ロータリークラブの
皆様のご支援のお蔭でございます。

今回の受賞は、自分の研究人生の中で一つのマイルストーンの
ようなもので、今後の研究に向けて重要な励みとなります。
中国経済、日中関係および米中関係の研究に軸足を置いていますが、
これからの国際情勢を鳥瞰して、ますます不確実性が満ちてくる
可能性が高いと思われます。
ロータリークラブの皆様のご期待を裏切らないように、
これからもっと精進して研究にまい進していきたいと思います。

今後ともご指導ならびにご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。



※そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
⇒こちらから

┌━─━─━─━─━─★
┃ お 知 ら せ
└━─━─━─━─━─★

☆ご寄付の確定申告用領収書について

昨年1年間(1〜12月)に特別寄付をしたすべての方、もしくは
普通寄付金の領収証を申請したクラブには、1月末日までに
(確定申告に間に合うように)、認定証の写しが付いた申告用
領収証をロータリークラブ宛に送付します。


☆海外学友会総会案内

タイ米山学友会総会:2019年2月9日(土)17:00〜21:00
 会場:S31 Sukhumvit Hotel。翌10日親睦ゴルフあり
 申込・問合せは thaiyoneyama@gmail.com
マレーシア米山学友会総会:2019年2月24日(日)14:00〜17:00
 会場:Hotel Royale Chulan Kuala Lumpur
 申込・問合せは yoneyama.malaysia@gmail.com
ミャンマー米山学友会総会:2019年3月3日(日)受付17:30〜、開始18:00
 会場:ヤンゴン市 ロッテホテル(14F)Toh Lim Chinese Restaurant
 会費:ロータリアン60米$、学友40米$
 申込・問合せは myanmargakuyu@gmail.com

以上

…………………………………………………………………………
公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
事務局長 岩邉俊久
編集担当 野津・峯
Tel:03-3434-8681  Fax:03-3578-8281
問い合わせメール: highlight@rotary-yoneyama.or.jp
米山記念奨学会ホームページ: http://www.rotary-yoneyama.or.jp/
…………………………………………………………………………

 2019年2月7日

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

新たな年が始まり早一ヶ月がたとうとしておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
2019年2月「平和と紛争予防/紛争解決月間」のリソースを
添付にてお送りさせていただきます。当該月間にてご活用ください。

印刷冊子をご入用の際は、オンラインショップ/Rotary Shopまたは
添付の最新版出版物注文用紙からご注文いただきますよう、お願い申し上げます。

本年も有益な情報をお届けできるよう努めてまいりますので、
引き続きご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
国際ロータリー日本事務局 | 業務推進・資料室
〒108-0073 東京都港区三田一丁目4−28 | 三田国際ビル24F | 国際ロータリー日本事務局
Tel 03-5439-5802 Fax 03-5439-0405 web: rotary.org
Like us: facebook.com/rotaryjapan
Follow us: twitter.com/rotaryjapan
Watch us: youtube.com/user/RotaryInternational
Description: Description: Description: Description: cid:1B9D9986-621D-4D75-841B-EF8661B3CCC1


(ファイルダウンロード)

2019年2月|平和と紛争予防/紛争解決月間.pdf



(ファイルダウンロード)

2019年2月|出版物リニューアルのご案内.pdf



(ファイルダウンロード)

20190128-出版物注文用紙 .xlsx

 2019年1月15日
















2019‐20年度のテーマ、「ロータリーは世界をつなぐ」を次期地区ガバナーに発表するマーク・ダニエル・マローニー会長エレクト(米国カリフォルニア州サンディエゴにて)

写真提供
国際ロータリー/Alyce Henson



マーク・ダニエル・マローニー国際ロータリー会長エレクトは、より力強いロータリーを築くためのビジョンを発表し、地域社会とのつながりを広げるために、革新的な会員モデルを導入していくことをクラブのリーダーに呼びかけました。
ジケーター・ロータリークラブ(米国アラバマ州)会員のマローニー会長エレクトは1月14日(月)、米国カリフォルニア州サンディエゴで開催中の次期ガバナーエレクトへの研修行事である国際協議会で、2019‐20年度の会長テーマ、「ロータリーは世界をつなぐ」を発表しました。
「最初の強調事項はロータリーを成長させることです。私たちの奉仕活動やプロジェクトのインパクトを成長させること、また、最も重要なのは、これからより多くのことを達成するために、会員を増やすことです」とマローニー会長エレクトは述べました。
ロータリーでの経験の中核にあるのは「つながり」であるとマローニー会長エレクトは信じています。
「ロータリーで私たちは、お互いの違いを超え、深く、意義あるかたちでお互いにつながることができます」とマローニー会長エレクト。「ロータリーは、ロータリーがなければ出会うことがなかった人びと、職業上の機会、私たちの支援を必要とする人たちとのつながりをもたらしてくれます」
さらに、多様な会員から成る会員増強委員会を設立することで、現在クラブに反映されていない地域社会の人たちを特定するようすべてのロータリークラブとローターアクトクラブに促しました。
また、「ユニークなネットワークを駆使するロータリーを通じて私たちは、人類の素晴らしい多様性とつながり、共通の目的において末永く続く深い絆を創り出します。世界がこれまで以上に分断する今日、私たち全員をつなぐのはロータリーです」と続けました。
会長エレクトはさらに、忙しい職業人や家族の都合でも忙しい会員にもリーダーの役割を果たしてもらえるよう、さまざまな例会の内容や奉仕プロジェクトの機会を提供するよう促しました。
「ロータリーでの活動と家族との時間が競合せず、互いに補完し合うような文化をつくっていく必要があります」と会長エレクト。「これには、現在の文化を変えるための現実的なステップを取ること、つまり、期待値を現実的に受け止め、スケジュール作りを熟考し、すべてのレベルのロータリー行事に子どもを受け入れることを意味します」

記事:Arnold R. Grahl
ロータリーニュース


(ファイルダウンロード)

theme19-20_ja.zip

 2019年1月10日

コーディネーターニュース2019年2月号が届きました。ご一読ください。


(ファイルダウンロード)

コーディネーターニュース2019年2月号.pdf

 2019年1月9日

バギオだより第70号(2019年1月号)が届きましたので掲載いたします。


(ファイルダウンロード)

2019.1バギオだよりVo.l.70.pdf

 2018年12月26日


ロータリー文庫通信374号が届いております。
ご一読ください。


(ファイルダウンロード)

文庫通信原稿No374.pdf

(1) 2 3 4 »