ムンド・デ・アレグリア学校サッカー大会

実施日 2019年10月6日(日)
ムンド・デ・アレグリア学校(ブラジル・ペルー)の生徒達(中・高生)とロータリークラブの会員(浜松西・浜名湖・浜松ハーモニー)と磐田ボニータ(女子プロサッカーリーグ)による混成チームで、サッカー大会を開きました。

学校内でのクラブ活動が無いために、対外試合の経験がありません。
皆で団結して、勝つの喜び、負ける悔しさを体験してもらおうという企画でした。
磐田ボニータの協力のもと、芝生のサッカー場を借りて、サッカー大会を開きました。
4チームの中で、トーナメント戦で試合をし、表彰式も行いました。
生徒達のハツラツとした動き、結束ある行動に、普段の学校生活では拝見できない光景もあったとのことで、学校関係者からも喜んでいただけました。