★ハイライトよねやま245号★


★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 245号 ★  2020年8月14日発行
::今月のトピックス::
・寄付金速報 ―2020-21年度のスタートは?―
・カンボジアの子どもたちに読書習慣を
・2021学年度奨学生の募集開始


《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カンボジアの子どもたちに読書習慣を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2750地区(東京都)米山学友会では今年2月、カンボジアの子どもたちに本を読む習慣を身に付けてほしいと、ミニ図書館や文房具、また、サッカーボールなどスポーツ用品を小学校へ寄贈する奉仕活動を行いました。

首都プノンペンから車で1時間ほど離れた村にあるSdau Kanlaeng小学校。
70年以上の歴史があり、幼稚園生から小学校6年生までの約900人が通っています。
校舎が老朽化し、子どもたちは午前と午後の二部交替制で学ぶことを余儀なくされています。

2月14日、学友会を代表してカンボジアに向かった陳 瑶直前会長
(2012-14/四日市東RC)は、「コロナのため寄贈式の延期も考えたが、子どもたちの期待にどうしても応えたかった。
暗いニュースが多いなか、少しでも心が温まる報告ができて嬉しい、ロータリアンや学友会の皆さんへ子どもたちの笑顔を届けたい」と、語ってくださいました。

なお、同学友会では同月、中国湖北省の総合病院へ防護服100着と医療用マスク1,000枚のほか、義援金を届ける活動もしています。


そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。