静岡産業大学で冠講座を開催

実施日 2020年10月13日(火)
藤枝ロータリークラブ(玉木潤一郎会長)は、静岡産業大学藤枝キャンパス(藤枝市駿河台4-1-1、鷲崎早雄学長)と共同し全11回の冠講座を開催している。
10月13日に行われた初回は「若年層の起業とロータリークラブ」の演題で、今年度の会長、玉木潤一郎氏が登壇した。

玉木会長は学生に向け、「学校学習と社会の違い」や「起業において時代で異なる業種・形態の違い」、「就職と起業のメリット・デメリット」、「ビジネスのKFS(重要成功要因)」などについて語った。
「藤枝の地域経済の特徴を知ることやロータリークラブの理念に通ずる企業倫理観、社会貢献の意味などを学んでもらいたい」と締めくくった。

同講座は、クラブメンバーが自社の紹介をはじめ、所属する業界や市場環境などを伝えるとともに、地域経済や社会貢献について講義する内容となっている。