ガバナー補佐紹介

山梨第1グループ
奈良 正男(富士吉田西RC)
昨年10月に所属クラブから指名され、いよいよ年度のスタートです。
地区とクラブとの運営のパイプ役になります。また、ガバナー方針を各クラブに伝える役目を果たします。
不慣れな私ですが一年間ガバナー補佐としての責務を果たしていきたいと思います。
山梨第2グループ
中沢 龍雄(甲府東RC)
RI会長テーマの下、地区テーマ「新たな時代を生きるロータリー」に取り組みます。
各クラブのロータリー奉仕デーを応援し、小林ガバナーとグループの架け橋になれるよう精いっぱい努めていきます。
クラブ訪問等で皆様に明るく笑顔でお伝えできることを楽しみにしています。
もっと成長し、もっと行動しよう!
山梨第3グループ
笹本 清美(南アルプスRC)
ガバナー補佐の大役を仰せつかりました南アルプスRCの笹本清美です。
甚だ心もとない私ですが、無事、次年度のガバナー補佐様にバトンを繋げる事ができたら幸いです。
コロナ禍でままならぬ昨今ですが、最終の「会長・幹事会」で楽しいお酒が飲みたいです。
静岡第1グループ
松井 大英(下田RC)
新型コロナウィルス感染拡大の中で、各クラブは難しい運営を迫られていますが、これを好機と捉え、
新しい価値観をロータリーに導入し、将来の社会に貢献できるよう、地区とクラブをつなぐ役割を果たしていきたいと思います。
皆様、よろしくお願いいたします。
静岡第2グループ
太田 義隆(富士RC)
この度、RI第2620地区静岡第2グループガバナー補佐を拝命しました太田義隆と申します。
RI会長テーマ「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」を尊重し、
小林聰一郎ガバナーのもと、地区事業の円滑な遂行のため、1年間尽力するしだいです。
静岡第3グループ
八木 伸廣(清水北RC)
私達の活動は大きな制約を受けつつも新しい形を取り入れ前に進んでいます。
このような時にあっても歴史からロータリーを学ぶことを忘れず時代の変化に対応し変えるべきことは変え、
そして、何よりも私達会員が力を合わせて行動することではないかと考えます。
静岡第4グループ
小谷 幸一(掛川RC)
コロナ渦でグループの事業計画も不安視される中での船出となります。
小林ガバナーは「新たな時代を生きるロータリー」をテーマとされ大きな潮流の新たな時代と表現されておられます。
グループの皆様と先進的な視点や発想で再考出来ればと考えます。
1年間、よろしくお願い致します。
静岡第5グループ
石津 匡美(浜松北RC)
ガバナーと各クラブの間に立ち、連絡調整を行うメッセンジャーに徹するように努めます。
ロータリーの基本は、各クラブの自主的な運営であるということを尊重し、
クラブ間の連携と融和をより一層高めることができるように、尽力したいと思います。